niwadesign

ホームページ制作のネタ発信

html iPhone mac Safari

スマホサイト(iPhone)のソースコード(htmlソース)MacのSafariで確認する方法

投稿日:

前回ブックマークレットを使ってのソースコードの確認方法を紹介しましたが、
今回はMacのSafariを使ってのソースコードの確認方法をご紹介します。

■iPhoneの設定

設定 > Safari > 詳細 > Webインスペクタをオンにします。

iPhoneの設定画面

次にiPhoneをUSBケーブルでMacに接続します。

■MacのSafariの設定

Safari > 環境設定 > メニューバーに”開発”メニューを表示にチェックをします。

Mac Safariの設定画面

次にiPhone側でSafariを立ち上げ、ソースを確認したいサイトを表示させます。

MacのSafariに戻って、開発 > iPhone名 > 表示されているURLをクリックします。

Mac Safariの設定画面

そうするとWebインスペクタが表示されソースコードを確認することができます。

Webインスペクタ

-html, iPhone, mac, Safari
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Macで同階層のFinder(ファインダー)をもう一つ開く方法

Macを使っていてFinderで深い階層まで行った時、隣り合わせに同じ階層のFinderをもう一つ表示させたい時がある。 今までは新規でFinderを開いて奥の階層にドンドン進んでいったが、すごく面倒 …

iPhoneの画面をMacで録画する方法

iPhoneの画面を録画したい時ってありますよね? 例えばパズドラの画面をYouT­ubeにアップしたりなど! 今までは専用のアプリなどを使わないとできなかったことが、 MacのOS10.10(­Yo …

iPhoneのフォームでフォーカスがズームされるのを防ぐ方法

スマホ用のサイトを作っている時にフォームのテキストフィールドやセレクトをタップすると、画面がズームされることはありませんか? そんな時はフォントサイズを16px以上にするとズームされるとこなく、入力す …

iPhone用htmlのヘッダー要素のルールβ版

viewportは幅を指定するためのもの。 javascript部分はアドレスバーを非表示(画面の上に隠す)にするためのもの。 <link rel="apple-touch-icon& …

バンカーリングを1年半使ってみた感想

約1年半前にiPhone6 Plusを購入した際にあわせてバンカーリングを購入しました。 今でもPlusのサイズに馴染めず後悔しているが、バンカーリングのおかげである程度使用感がマシになった。 次回は …